国際的にも認められているプログラミング言語であるRubyは創作過程を簡素化しより簡単にプログラミングできるようにと作られたそうです。

その分作りたいものへの近道ともなり得るでしょう。

プログラミングを楽しめるように開発されたというだけあって仕事というより趣味で楽しむ人もおられるようです。

RubyMotionというのはこの言語を使ってアプリを簡単に開発できるものなのだそう。

ハッカソンで取り入れてみたという人などもおられて、そんな実際使った人の意見によれば良い点もあれば不満点も同程度あるなど慣れや好みで感じ方はそれぞれのようです。

とあるハッカソンが日本屈指の大都市大阪で開催されこれが現在に至る新しい流れを生み出したと言われているそうです。

それがIoT、InternetofThingsという考え方です。

テレビや新聞などでしばしば目にするようになった言葉ですがこれはつまり今までとは明らかに異なる「モノ」とインターネットをつなげるという考え方のことを指しています。

この考え方が浸透するにつれ今では例を挙げると家におらずとも電化製品の電源を入れたり外出先で家にいるペットの様子を見たりといった昔の人が思い描いていた「未来の技術」が次々生み出されているのです。

今やハッカソンがいつどこで行われるかネットで簡単に探せます。

それだけ市民権を得てきたとも言えそうです。

アイディア出しから開発まで短期間に凝縮されていますから現在の迅速さが求められる風潮に合っているのでしょう。

もちろんその分自身の実力がシビアに試されるので参加者にとっても技術力をアップさせるチャンスなのです。

それに加えて普段関われないような人の意見やアイディアを知れたり徹夜できる場所や食事を提供してもらったりと自身の仕事につなげることはもちろんみんなで一緒にビジネスを楽しめるイベントでもあるようです。

アプリやソフトウェアの開発を行う催しというのはプログラミング能力の高さや知識の深さがいるように思えます。

確かにそれがあるに越したことはないでしょうが実際はイベントごとに求められるものは違っていたりもします。

コードを書く以外でもスケジュールやプレゼンに関してなど開発に役に立つスキルもたくさんあるということなのでしょう。

またとある専門分野にピンポイントで利用されることがテーマの催しなら専門知識を持つ人がいなくては話になりません。

こんな風にどんな人でも存在感を発揮できる可能性があることがこのイベントを魅力的にするひとつの要因なのでしょう。

プログラミングに取り組むことを意味するハックとマラソンを掛け合わせたハッカソンとはつまるところアプリやソフトウェア開発系のイベントで主に短期間で開催されるイベントのことです。

プログラミング初心者でも参加はできるのでしょうか。

一般的に参加資格については主催者が示していますが、プログラミングに関する最低限の知識や技術を要するものもありますしアイディアやデザイン分野の人を募集しているものもありました。

今まで参加したことがないという人はイベントの雰囲気に慣れる第一歩として条件の厳しくないものに挑戦してみてはどうでしょうか。

一般的に枠組みのことをフレームワークと呼びますがソフトウェア開発における基盤となるもののことを言うこともあります。

スケジュールがタイトな開発系イベントにおいてはこういったものを上手に使うことが目的を達成するためには必要です。

このようなイベントでは短期間で開発ステップをクリアしていく必要があるため、複雑に入り組んだ技術的なものよりこれまでなかった斬新なアイディアをシンプルでも良いので形にすることがまず第一となるのでしょう。

よって必要なものを吟味して選抜していけるような応用力も必要なスキルのうちの一つです。

コンピューターと人間の意思疎通のためには命令するための言語を使って指示を与える必要があります。

これにはかなりの種類があり日本人が開発したものも中にはあります。

Rubyという言語がそれです。

これは創作過程を簡素なものにすることで作ることの楽しさにまず集中できるようにとの思いが込められているとのこと。

作業時間短縮にも役立つ便利機能が多々ある上に無料ということでハッカソン向きと言っても良い言語だと思うのですがあるイベント統計ではまだそれほど一般的ではないようでした。

ネットでハッカソンの開催カレンダーを検索してみますと毎月予定が入っていることがわかります。

中には数十件予定が入っている月もありそれらがほぼ週末に集まります。

イベント自体が数日間に及ぶこともあり平日参加が難しい人が多いということなのでしょうか。

一方もっと気軽に参加募集をかけているものもあり自分に合ったものを選べるほど開催数は多くなっています。

いろいろな分野でこういったイベントが開かれるようになれば専門性の高い技術などの共有を可能とするかもしれません。

ハッカソンに参加する際に特に重要になってくるのが同じ目的に向かうチームメイトです。

チームで厳しい制限時間以内に目標を実現させるためには的確で素早い作業が求められますし、また審査員だけでなく他の参加者まで驚かせられるような発想力豊かなアイディアマンも必要になってきます。

それぞれの得意分野を理解し尊重し合うことができれば自然と個々がしなければならないことが分担されスムーズに仕事をこなしていけるそうです。

ひとつのイベントを共に乗り越えることでお互いを高めあうこともできるのでしょうね。

家にいながら世界中と繋がれるインターネットは働き方に新しい変化をもたらしました。

最近は小さな会社やフリーランスなどが集まり個人個人でそれぞれの仕事をしながらワークスペースを共有するコワーキングと呼ばれるワークスタイルも多くなってきています。

アメリカを中心に広がってきたスタイルで現在では日本でも広がりを見せそれに必要な場所も増えつつあるとのこと。

このようなコワーキングスペースを利用したプログラミング関連の催しというのもあります。

人を集められる広さや仕事ができる環境があるところなのでイベントを開催するにはもってこいの場所とも言えるのかもしれません。

東京は言わずと知れた日本の首都であり政治や経済また情報の中心でもありますがそれはハッカソンにおいてもやはり同じなのでしょうか。

調べてみたところ確かに圧倒的に数は多いのですが日本全国実にさまざまな場所でイベントは開催されていました。

また規模の大きさによっては複数の場所で同時開催したりもするそうです。

有名な温泉地で開かれるものもあり情熱と開発に必要な環境さえあればどこでもできるものなのだと感じました。

実にさまざまなテーマや規模で開かれていますが新しいものを作りたい思いはきっと同じなのでしょう。

いくつものハッカソンが全国津々浦々で開かれた2015年。

2016年の開催数はどうでしょうか。

少し調べただけでも毎月開かれているのがわかります。

短い期間で金の卵を見出せるかもしれない貴重な機会でもあるので開催する側も大きなメリットを感じているということなのでしょう。

誰もが知っているような大手企業も主催したりスポンサーとしてサポートしたりしています。

ただしイベントも大きくなると予選が必要だったりあまりの人気に定員になるのが早いものもあったりするので参加したいイベントの情報は常にチェックしておくと良いでしょう。

ソフトウェア開発系の催しに行くのはSEばかりというイメージを持つ人も多いかもしれません。

でも現実にはメンバーそれぞれに異なる得意分野を持つチームが一番強いのだそうです。

極論ではありますがつまりはプログラミングできなくとも成果は残せるということ。

なるほど確かに仕事の現場でもプロジェクトチームにはさまざまな分野から優秀な人材が集められます。

シビアな環境であることも多いこのようなイベントを通じてはスケジュール管理能力はもちろん他にもいろいろと実際の仕事で使える能力が磨かれるのでしょうね。

温泉地に集いアプリの開発を行うという聞いただけでも楽しそうなハッカソンがあります。

本戦中にかかる諸費用を主催者側で受け持ってくれるということもあってか大変人気があるイベントのひとつです。

春ごろから各地で予選が行われ、本戦は夏に開催されます。

最優秀賞を獲った暁には憧れの地シリコンバレーへのスペシャルツアーに招待してくれるそうな。

厳しい時間制限があるため普通は大変なイベントでしょうが温泉地なら同時に癒されることも可能ですしまるで旅行に行ったような気分にもなれそうですね。

Airbnbはエアビーアンドビーと読みエアビーと略されます。

創業は2008年で本社はカリフォルニアです。

一般家庭に宿泊をする民泊も最近よく耳にするスタイルですがこちらは泊まるところを提供したい人と探す人の出会いの場を提供しています。

つまりインターネットをうまく活用したマッチングサイトなわけです。

今や世界中に広まったシェアリングエコノミーという考え方を根付かせた会社です。

ハッカソンはこのような新しいアイディアを形にしていくことで誰も出会ったことのないものが創造される場所なのでしょう。

イベントをきっかけに会社を興し成功した例があるように多くの人の夢が詰まったものなのですね。

関連ページ