外国人向け住宅ローンの審査の流れは?

外国人の方が日本で家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。 多くの方は、銀行などから住宅ローンを申し込みすると思います。

外国人向け住宅ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。 支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険を掛けます。

これは万が一のことがあって支払が出来なくなった時残った借金が0円になる。 という内容になるっていうしね!家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。 申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。 申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要。 結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。という訳で、申請をすれば必ず通る。といった様な簡単なものではありません。

外国人向け住宅ローンは不可。 という場合もあり得ます。 よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が一つのラインと言われています。 住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要。 頭金は一切かかりません!という広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなるっていうしね!返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。


外国人向け住宅ローンの借り方について流れやポイントについて説明してくれています。
www.jutakuloan-shinsa-toriyasui.com/mortgage/foreigner.html